読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

CentOS5.4にredis2.4.9を入れてみる

ここを参考にしながら。ていうかほぼそのまま。
Redis Quick Start – Redis

// 取得
# wget http://redis.googlecode.com/files/redis-2.4.9.tar.gz

// 移動して解凍
# mv redis-2.4.9.tar.gz /usr/local/src/
# tar zxvf redis-2.4.9.tar.gz
# cd redis-2.4.9/src

// コンパイル
# make

なんかめっちゃ警告でた。こわい。
「Hint: To run 'make test' is a good idea ;)」って言われたので実行。

You need 'tclsh8.5' in order to run the Redis test

tcl8.5入れろやコラって言われたんですけど、使ってる環境のレポジトリに8.4までしか上がってなかったのでスルーして進めてみる。

最初のURLの「Installing Redis more properly」を参考に進めます。

// ディレクトリ作成
# mkdir /etc/redis
# mkdir -p /var/redis/6379

// 設定ファイルをコピー
# cd /usr/local/src/redis-2.4.9
# cp redis.conf /etc/redis/6379.conf

// 設定ファイルを変更
# diff 6379.conf redis.conf.org 
17c17
< daemonize yes
---
> daemonize no
21c21
< pidfile /var/run/redis_6379.pid
---
> pidfile /var/run/redis.pid
53c53
< logfile /var/log/redis_6379.log
---
> logfile stdout
107c107
< dir /var/redis/6379
---
> dir ./

// 起動スクリプトをコピー
# cp utils/redis_init_script /etc/init.d/redis_6379

できた!
早速実行してみます。

# /etc/init.d/redis_6379 start
Starting Redis server...
# ps aux|grep redis
root     11295  0.0  0.0  51964  1380 ?        Ssl  20:26   0:00 /usr/local/bin/redis-server /etc/redis/6379.conf

いけたっぽい。
次はクライアントから操作してみる。

$ /usr/local/bin/redis-cli 
redis 127.0.0.1:6379> ping
PONG
redis 127.0.0.1:6379> set mykey somevalue
OK
redis 127.0.0.1:6379> get mykey
"somevalue"
redis 127.0.0.1:6379> get hoge
(nil)
redis 127.0.0.1:6379> set mykey 1
OK
redis 127.0.0.1:6379> get mykey
"1"
redis 127.0.0.1:6379> incr mykey
(integer) 2
redis 127.0.0.1:6379> get mykey
"2"

いけてるみたい。
最後にクライアントと本体を落としてみる。

// クライアント終了
redis 127.0.0.1:6379> exit

// redis本体終了
# /etc/init.d/redis_6379 stop
Stopping ...
Redis stopped

うむ。
次はSortedSetとかを触りたい。

スポンサーリンク